音楽少女WEB メールお待ちしてます cosmic recordについて 会社情報


[WEB連載] フェイスチャット第2話 後半B(著:箒星)

【絵 里】う。じゃあ、私はこっちの部屋を使っていい?
【ハ ル】全然いいよ〜。エリーの荷物はどんくらいあるの?
【絵 里】少ない方かな。大きな荷物はパソコンくらい。
【ハ ル】すっごい、パソコン使えるんだー! ブラインドタッチ出来る?
【絵 里】出来るよ。
【ハ ル】すごーい! 目隠しして打てるんだ!
【絵 里】いやブラインドタッチってそういうものじゃないから。
【ハ ル】うんうん、エリーはあたし達のブレーンとして活躍してくれそうで何よりダ!
【絵 里】パソコン使えるだけでブレーンって期待されても。
【ハ ル】でもさぁ、エリーが無理ならあたしがそのポジションになるけどいいの?
【絵 里】……私がやった方がいいかな。何やるかは知らないけど。
【ハ ル】でしょう! いずれエリーにはブレーンとしてあたしの世界制服を手伝ってもらうのでそのつもりで。
【絵 里】征服と制服を間違っちゃう人の手伝いをするのかぁ……大変そう。
【ハ ル】あたしはエリーと違って荷物多いんだよねぇ。ほらこんなに。
【絵 里】わ、すごい。そんなに大きなダンボールに何が入ってるの?
【ハ ル】この中にはぬいぐるみとフィギュアがいっぱいなのさ。ほら、ざざーっと。
【絵 里】どうしてわざわざ私の部屋でぶち撒けるの!?
【ハ ル】あや、ゴメンゴメン。お詫びに好きなぬいぐるみひとつあげるから。
【絵 里】くう、片付ける前にこんなに部屋が散らかって……あ。
【ハ ル】ん? このネコのぬいぐるみが欲しいの?
【絵 里】……うん。ネコ、好きなの。
【ハ ル】じゃ、どうぞ。エリーに選ばれるなんて幸せな子だよ〜。
【絵 里】ホントにいいの? ありがとう。
【ハ ル】あ、ちょっと待って。ちゃんと盗聴器付けたかな。
【絵 里】やっぱりいらない。
【ハ ル】あははは、冗談だって〜。
【絵 里】まったく、千歳さんって人は……。
【ハ ル】ぶー、千歳さんなんて他人行儀な呼び方キライ。テンションだだ下がり。
【絵 里】そんなこと言われても、ついさっきまで実際他人だったんだし……。
【ハ ル】これはやはりアレだね! 親睦を深めるためには必要だと思うの。同じ釜の飯を食うってのが。
【絵 里】えっ、料理出来るの?
【ハ ル】なんスかそのOH、意外! みたいな顔。
【絵 里】いえ別に?
【ハ ル】まあ実際料理は得意じゃないんで、あるメニューを買ってきました!
【絵 里】もしかして、牛丼?
【ハ ル】えっ、何で分かんの? エリーってエスパー?
【絵 里】というか、玄関からずーっと香ばしい匂いがしてたから。
【ハ ル】なんだぁ、バレちゃってたのか。すぐ近くに牛丼屋さんがあったからさ。
【絵 里】実は私、好物なの。牛丼。
【ハ ル】ホント!? あたしもなんだよ〜、ついにエリーとの共通点が見つかったね。ささ、いただきましょー。
【絵 里】それじゃ、いただきます。
【ハ ル】いただきま〜す!
【絵 里】(もふもふ)
【ハ ル】もぐもぐもぐ。
【絵 里】……。
【ハ ル】ん……どうしたの?
【絵 里】なんか……初対面同士で向かい合いながら牛丼を食べる女の子二人って……って思った。
【ハ ル】いやいや、牛丼は若い女の子にも人気があるって。丼モノは日本が生んだファーストフードだよね。
【絵 里】それは認めるかな。
【ハ ル】あとあたしね〜、牛丼の肉盛りにはちょっとうるさいんだよね。バイトで肉盛り隊長やってたから。
【絵 里】えっ、私もやってた。肉盛り。
【ハ ル】ホント!? すごいよすごいよ、一気にあたしとエリーの共通点が出てきた! ビーフは偉大だね。
【絵 里】共通点が牛丼から始まる女の子二人っていうのも、どうかとは思うけど……。
【ハ ル】そんなの気にする必要ナシ! あたしね、この牛丼を買ってきた牛丼屋さんでバイトも決まってるんだ。
【絵 里】えっ、あそこの? 私もそこでバイトするんだけど。
【ハ ル】うわお、偶然! やっぱりあたしとエリーは運命の糸で結ばれているんだよ〜。
【絵 里】……。


<続きを読む>

後半Cへ

音楽少女WEB
© cosmic record