音楽少女WEB メールお待ちしてます cosmic recordについて 会社情報


フェイスチャット 復活特別企画 第4話
「Hero&Professor編」A(著:箒星)

※この4話は過去未掲載だった原稿を加筆修正して特別に掲載しております。


〜測定中…………測定おわり〜
【絵 里】許せないわ、悪の組織! まさか体重計の針まで細工していたなんて!
【ハ ル】まったくだよね! そうでなきゃあんな数値出る訳ないしね! エリーの言う通りだよね!
【絵 里】これからは隙を見せないように生活しましょう。……さて、それじゃハル?
【ハ ル】うん! ついに発売した音楽少女のCDについて語っていこっか!
【絵 里】それぞれ5曲が入ったハルの「Rock the Hero」と、私の「Electronic Resonance」ね。
【ハ ル】5曲すべてにあたしのタマシイが入っているよ! つまりCDを買うと5人のあたしが付いてくるといっても過言ではない!
【絵 里】うわぁ……。ハルが5人……うわぁ……。
【ハ ル】なにかね? あたしにとってはどれも自信作だけど、「EVERYDAY HERO」はまさにあたしの歌ってカンジ。
【絵 里】それは聴いていて私も思ったわ。ハルの言いたいこと全部言ってる感じだし、タイトルがまさにハルよね。
【ハ ル】そうそう。それと生のギター、ベース、ドラムを多く使ってるところも見逃せないのだよ。
【絵 里】豪華よね。その真ん中で思い切り叫んでるハルの姿が目に浮かぶわ。
【ハ ル】へへー。あ、あと「天空戦隊ゼロウィンガー」も楽しかった!
【絵 里】これ、楽しそうに歌ってるもんね。「ゼロウィンガー!」って叫ぶところとか。
【ハ ル】うんうん! あたしはアメコミヒーローが大好きだけど、日本人として戦隊モノも外せないでしょー。
【絵 里】私は個人的に「サンシャイン・ベイブ」が好きかな。ポップな街並みをハルが歩きながら、好きなように色を塗っていってる感じ。
【ハ ル】エリーの好きな曲があって嬉しいよ。それじゃ次はエリーの「Electronic Resonance」を語っていこう!
【絵 里】抜けるような青空がハルの曲のイメージなら、私の方は夜をイメージした楽曲になってるかな。
【ハ ル】うんうん。透き通った、透明な夜ってカンジだよね。
【絵 里】あら、なかなかいい表現をするじゃないハル。
【ハ ル】ニヤリ。「Crystal Sound」なんかがクリアなイメージの曲だよね。
【絵 里】そうね。夜の落ち着いた時間に聴いてもらって、ヒーリングに近いものを感じてもらえたら嬉しいな。
【ハ ル】あたしの個人的なお勧めは「Back to Marie」! エリーにしてはアップテンポで激しい曲だよね?
【絵 里】うん。もしかしたら、ハルの影響もあったかもね。
【ハ ル】ひゅー! 嬉しいこと言ってくれるぅ!
【絵 里】異国の夜の街を疾走するイメージで歌ったかな。いつもとは違った曲で楽しかったよ。
【ハ ル】うんうん! あとは「Sword of the Light」もイイよね。だってアナタ、直訳すると「光の剣」ですよ!
【絵 里】ハルの心をトキメかすワードよね。
【ハ ル】この曲はこれぞElectronic Musicって気がしたよ。
【絵 里】そうね。電子音を使った新しいサウンド作りの表現方法を一つのテーマにしていたから、これも思い入れがあるわね。
【ハ ル】思い入れという面では、あたしもエリーも全ての曲にそれがあるよね。
【絵 里】なにせ私たちの初めてのCDの曲たちだからね。
【ハ ル】たくさんの人達に聴いて欲しいね。歌って、聴いた人によって感じ方や捉え方が違うのがまた面白いから。
【絵 里】そうね。「Rock the Hero」、「Electronic Resonance」、どうぞよろしくお願いします!
【ハ ル】それら二つが合わさったお得な2枚組パック、「Hero&Professor」もあるでよ!
【絵 里】こちらには2枚組の形で収納できる、特製スリーブがセットでついていますよ。
【ハ ル】さて、CD情報はこれくらいにして。いや〜、それにしてもエリー、ついにCD発売までこぎつけたね。


<前に戻る>@へ / <続きを読む>Bへ

音楽少女WEB
© cosmic record